Home > おすすめ | ひとりごと | デザイン | 加工 | 印刷 | 情報・ニュース | > 活版ワークショップin大阪/3月

活版ワークショップin大阪/3月

こんにちは、miyaです。 

3月26日に開催された、
『活版ワークショップin大阪』のレポートです。

まず、前回お見せできなかったエンボスについて紹介したいと思います。

①「鳥」です。

②「肉球」です。
※画像では裏面のデボス(凹)面が写っています。
活版ワークショップでは、印刷以外の加工(エンボスやバーコ、箔押し)も
体験していただけます。この日も、とても喜んでいただけました。

 

(以下 各作品の個人情報部分はぼかしてあります) 

午前中は、2名様とも名刺サイズの印刷でした。


こちらは、1版での印刷で、黒1色(写真下)と、
黄・青・緑の3色(写真上)のレインボー印刷で印刷されました。

レインボー印刷は、手フートのインキ板に、何色かのインキを置き、
ローラーを上下させることで色が混ざり合い、グラデーションを表現する手法です。

色を混ぜ合わせたインキ板がきれいです。
はじめは赤・青・黄・緑の4色で試していただきました。
そこからご自分で、3色のきれいなグラデーションを作って刷られていました。

 


こちらは名刺サイズ2版のデザインです。
文字部分を黒で、
ラインと指差しマークは、金色と黄色を混ぜて調色して刷られました。

名刺など、文字や線が主体のデザインでは、
線がくっきり出るタイプの樹脂版を使用します。
今回もその樹脂版を使用しましたが、深く凹んだ出来上がりをご希望でしたので、
●手フートの圧胴を固くセッティングし、
●印圧も少し強めにかけられるように設定し、
●クッション紙で印刷しましたので、
活版らしい出来上がりでした。

※強すぎる印圧は、機械に負荷がかかりすぎますので、印圧はナビゲータが設定させていただきます。

午後からは、
ハガキサイズ1版×2デザインのかたと、
 


名刺サイズ2版で2色刷りのかたでした。

偶然にも、用意していたエンボスの版が
「肉球」と「鳥」でしたので、午後のお2人のデザインとリンクしていました。

特に、名刺を刷られたかたは鳥のエンボスをかなり気に入られて、
刷り上がったすべての名刺に加工されていました。

レポートを読んでいただき、ありがとうございました。

活版ワークショップで体験できる、
手フートでの活版(樹脂凸版)印刷、エンボス、箔押しなどは、
今週末(4/16)のオープンハウス 体験・相談会「紙、いいかも」でも
体験していただけます。 

詳しくは「なに活」のHPこちら→http://kappan.did.co.jp/2011/03/416.html を
ご覧下さい。


Twitter Comment

コメント:0

コメントフォーム
ブログアドレス

トラックバック:0

トラックバックURL
http://uv.did.co.jp/wordpress/infomation_news/%e6%b4%bb%e7%89%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97in%e5%a4%a7%e9%98%aa%ef%bc%8f3%e6%9c%88_5371/trackback/

Home > おすすめ | ひとりごと | デザイン | 加工 | 印刷 | 情報・ニュース | > 活版ワークショップin大阪/3月

フィード
    このページの更新情報はRSS で配信されています。 お手持ちの RSS リーダに登録することで随時更新情報を取得できますので、ぜひご利用ください。
  • RSS2.0
  • Atom

ページの先頭へ