Home > おすすめ | デザイン | 加工 | 印刷 | 情報・ニュース | > 活版ワークショップin大阪/5月

活版ワークショップin大阪/5月

miyaです。
5月の活版ワークショップのレポートです。

5/22(日)と5/28 (土)に開催しました。

●5/22は12:00〜で、
大学の版画コースの、講師さんと学生さんやOB・OGさん達のグループで12名のご参加でした。
6台の手フートを総動員し、1台にお2人の割り当てで印刷されました。


名刺やカードなど、いろいろな作品が完成しました。

最後に皆さんの作品を並べて撮影会です。
参加者のみなさんといっしょに集合写真も撮りました。

活版と版画のコラボレーションなど、
いろいろな構想が膨らみました。

●5/28は
午前の部 3名+時間貸しコース1名
午後の部 5名
計9名様 のご参加でした。


バーコ(盛り上げ)加工がかわいいです。


こちらはレインボー印刷です。
きれいな色が出ています。

左側は亜鉛版、右側は樹脂版で、
計2版で印刷されました。
樹脂版でも、えんぴつで描いたような線もちゃんと表現できています。


時間貸しコースの方は、
樹脂版で油性インキでおもてとウラ両面印刷されました。
インキの調色に苦労されていました。
複雑な画像や、細かい抜き文字などはつぶれる可能性があるので、
何カ所か修正いただいたり、そのままにしていた箇所もあったのですが、
とてもきれいに印刷されていました。


こちらは、文字のデザインですので、良い具合に圧がかかり、ヘコんでいます。
(印刷のヘコみは、デザインや版の面積、印圧や紙の種類などにより変わります。
ワークショップでは、機械に負荷が掛かるような強印圧はご遠慮いただいております)


こちらは、ハガキの半分のサイズのカードです。

ハガキサイズの用紙に2つ印刷されるようデザインし、印刷後に半分にカットされました。

5月のワークショップから登場したツールを使って、角丸に仕上げていました。

こちらは、お持ち込みの漉き紙に、2版で印刷され、ハートの箔を入れました。
「聖」の文字部分は、版の面積が小さかったため、結構な圧がかかってヘコんでいました。


こちらは、油性インキで2版での印刷でした。
右下のものは、茶色の用紙(プライク_ブラウン)に紫色で印刷したものにバーコ加工をしたのですが、透明のバーコがのっているように見えます。
同じインキでも、刷る紙によって印象が全然違ってきますね。


こちらは、パールのメディウムを入れたり、箔押しや、パンチで穴あけ(蝶型)や角丸など、
いろいろと加工を楽しんでいただきました。

5月のワークショップから、
角丸にしたり、ちょうちょ型のパンチや、ギザギザハサミなど、
新しい加工のツールが登場しています。

手作業ですのでイッキに大量にはできませんが、
ご自分で刷られたカードや名刺に、いろいろな加工を試していただけます。

6/18(土)のオープンスタジオ第2弾でも 体験いただけますので、
ご興味のある方は、ぜひ、この機会にお越し下さい。
詳しくはこちらをご覧下さい。→ http://kappan.did.co.jp/2011/05/6181318.html


Twitter Comment

コメント:0

コメントフォーム
ブログアドレス

トラックバック:0

トラックバックURL
http://uv.did.co.jp/wordpress/infomation_news/%e6%b4%bb%e7%89%88%e3%83%af%e3%83%bc%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%97in%e5%a4%a7%e9%98%aa%ef%bc%8f5%e6%9c%88_5657/trackback/

Home > おすすめ | デザイン | 加工 | 印刷 | 情報・ニュース | > 活版ワークショップin大阪/5月

フィード
    このページの更新情報はRSS で配信されています。 お手持ちの RSS リーダに登録することで随時更新情報を取得できますので、ぜひご利用ください。
  • RSS2.0
  • Atom

ページの先頭へ