Home > 印刷 | 情報・ニュース > UV印刷のお話④【注意点】

UV印刷のお話④【注意点】

Yです。

何事にも得手不得手はつきもの。今回はUV印刷の注意点を。

・油性インキに比べてインキ光沢が出にくいです。
 UVインキの硬化速度は速いため、十分にレベリング(インキがなじんで平滑になること)する前に乾燥してしまいます。よって、インキ面で反射する光が乱反射するために光沢が出にくくなります。

・色によってインキの硬化速度が異なります。
 紅、黄、藍、墨の順に遅くなりますので、インキ量とUV光の照射時間のバランスに注意しないと硬化不良を起こします。特に墨をコッテリと盛ってしまうと硬化不良になり、いつまでたっても乾燥しないという悲惨な事になります。

・UVインキは一般の油性インキより印刷適性が劣る傾向にあります。
 室温や湿し水などの印刷条件をよりシビアに管理する必要があります。

(Y)


Twitter Comment

コメント:0

コメントフォーム
ブログアドレス

トラックバック:0

トラックバックURL
http://uv.did.co.jp/wordpress/infomation_news/uv-4_398/trackback/

Home > 印刷 | 情報・ニュース > UV印刷のお話④【注意点】

フィード
    このページの更新情報はRSS で配信されています。 お手持ちの RSS リーダに登録することで随時更新情報を取得できますので、ぜひご利用ください。
  • RSS2.0
  • Atom

ページの先頭へ