Home > おすすめ | 印刷 | > 黒い紙と、黒インキ①

黒い紙と、黒インキ①

こんにちは。しろです。暑いですね…

ゴールデンウィークの鴨川ピクニックは最高でした◎
天気もよくて、みんなで持ち寄りのお弁当もおいしい!
ちなみに、twitterでも少し触れましたが鴨川の三角州、アニメ「けいおん!」でも背景で出てます。
左京区はかなりユルくていいですよ~大好きな街です。(いつも言ってるけど…)
皆さまも京都へ行かれる際はぜひ!
- – - – - – - – - -
ところで本題。新しくラインナップした黒い紙に、スミインキで刷ってみました。
黒+黒なので見えにくいんですが、なんか不思議で面白いですよ。

ちなみに今回の印刷データはこちら↑ 懐中時計です。特に意味はありません。
この紙は、リアクション フォレストグリーンです。深い緑と上品な輝きが素敵な紙。
紙自体の色みも濃いのですが、スミもきれいに見えるのでなかなかの高相性です。
比較的細かい文字もきちんと読めます!

スミインキ部分は、紙のキラキラを結構隠してくれるのでマットな見た目。
影部分がマットで、パール面を際立たせてなんとなく立体的に感じます。

裏面はこんな感じ。真っ黒い紙ではないので、細かい文字などは少し見辛いですが、
きちんと読めます。紙色は…黒に近い紺色みたいな感じ…
上手く言えない!
- – - – - – - – - -

続いて ミランダ 黒 なんですが…見えないっ!
ガラスフレークのきらめきが結構強いので、光の当たり具合で一番きらきらした部分だと
ほとんど判読不能になってしまいます…
なので、細かい文字や図柄にはこの組み合わせは不向きかもしれません。
ただ、どの角度でも見えないわけではないですよ~

きらきら感の目立たない角度だと、細かい部分もそれなりに見えます。
輝きが強い分、スミインキも引き立ちますよ
- – - – - – - – - -

こちらは ニューウェブロンカラー 黒 あ…また見えない・・・
角度を変えると少しは見えるんですが、この紙だと凹凸が激しいせいもあってか
細かい文字はほとんどみえません。角度を傾けると見えるんですが。
そもそもこの紙に細かい文字は少し危険。(凹凸で文字の「.」などが消えそうになったりします)

実験なのでいいけど、これを商品には出来ないな~という見辛さ。
やっぱり銀とか金インキがきれいに見えると思います。
- – - – - – - – - -
とりあえず今日はこの3点です。
次回はプライクのブラックとネイビーへの印刷したご報告。
さらに、今回印刷に使用した黒い紙のサンプルを抽選でプレゼント!
個人的にはこのプライクへの印刷がオススメですよ!

 

上:ブラック 下:ネイビー
何このツヤ感・・・!すごい!普通のスミインキですよ。
おすすめを次回に繰り越すという焦らし作戦(?)を使用させていただきます。すいません!
プライク情報は、まて次号!


Twitter Comment

コメント:0

コメントフォーム
ブログアドレス

トラックバック:0

トラックバックURL
http://uv.did.co.jp/wordpress/paper/black_black01_3727/trackback/

Home > おすすめ | 印刷 | > 黒い紙と、黒インキ①

フィード
    このページの更新情報はRSS で配信されています。 お手持ちの RSS リーダに登録することで随時更新情報を取得できますので、ぜひご利用ください。
  • RSS2.0
  • Atom

ページの先頭へ