Home > 印刷 | > 色の見え方[白]

色の見え方[白]

印刷の際、インキの発色は紙色の影響を受けます。
特に白インキは濃い紙色へ使われることが多く、紙色の影響をより受けやすくなります。
そのため、「真っ白な発色にはなりません」とお伝えしていますが、
どの程度の発色になるかは紙色や質感などによっても変わります。

インキ×紙色×質感の色の見え方について、今回は白インキの見え方をご紹介します。


[白インキ×クラフトリプロライナー]


少しくすんだ色みになりますが、柔らかな発色でナチュラルな印象です。
細い線もきれいに印刷できますが、小さすぎたり細い文字などは少し読みづらくなります。
裏面はチリなどがあり、文字は読みづらくなりますので
スミやブラウンインキなど濃い色がおすすめです。

 


[白インキ×スペシャリティーズ]

白インキの発色の違いが出やすいスペシャリティーズ。
紙色だけでなく質感の違いによっても見え方が変わります。

左から、ペット No.358-N(カナディアンレッド)はかなりピンクに近い発色。
ペット No.314-G(ゴールド ラミー)はアイボリーのような色み。
ペット No.314(シルバー ラミー)ははっきりと白の発色です。
アルミ No.210(つや消しシルバー)も白の発色ですが、マットな質感の影響でNo.314に比べると優しい印象です。
ホログラム No.750はブルーからピンクに輝き、印刷部分は少し黄みよりに感じます。
※ラミーはツヤあり(鏡面)です。

 


[白インキ×紙いろいろ]

光沢のあるシルバー系の用紙には比較的はっきりとした白になりますが、
黒い用紙の場合はグレーっぽい発色になります。
紙色が薄くなると、紙色になじんでしまってかなり見えづらくなります。
文字がメインとなる場合にはおすすめできませんが、背景の模様などには効果的に使えそうです。

左から、マーメイド(黒)・スタードリーム(チタン)・GAファイル(ブルージーン)
クラフトリプロライナー・新バフン紙(くも)・ファーストヴィンテージ(リネン)
オフメタルLP(銀)

 


 

真っ白に発色しない、というのはマイナスだけではありません。
紙色によってはミルキーでやさしい発色になるので
ファーストヴィンテージやマーメイドなどカラフルな紙色との組み合わせはとてもかわいい発色になります。
(図柄によっては見えづらくなるので、ご注意ください!)

ぜひ、参考にしてください。


Twitter Comment

コメント:0

コメントフォーム
ブログアドレス

トラックバック:0

トラックバックURL
http://uv.did.co.jp/wordpress/paper/ink_white_7084/trackback/

Home > 印刷 | > 色の見え方[白]

フィード
    このページの更新情報はRSS で配信されています。 お手持ちの RSS リーダに登録することで随時更新情報を取得できますので、ぜひご利用ください。
  • RSS2.0
  • Atom

ページの先頭へ