Home > タグ > ミランダ

ミランダ

グラデーション印刷をしてみた② 

グラデーション印刷実験、続きです!
今度は名刺サイズ(55×91)に、オレンジとももいろインキのグラデーション。
ほとんど変化分かんないかな?と思いきや、予想よりもきれいな表現ができました。

今回のデータはこちら↑ K100%のデータです。
スミでみると結構きつめの印象が、グラデーション印刷するとどうなるのか…?
いろいろな特殊紙で印刷してみたので一気にご紹介します。
オレンジがかったピンクから、オレンジへのグラデーションはすごくかわいいです!

ミランダ ホワイト

黄みがかった色の紙なので、グラデーションも黄みがかっています。
ガラスフレークの細かいきらきらも透けて見えるので、すごくかわいいイメージに。

オフメタルLP 銀

紙のぎらぎらしたメタル感や模様の影響で、すこし見辛いんですが
かなり透明感のある表現ができます。でも、細かい文字なんかは不向きですね。

キュリアスTL クリア

トレーシングだと少し薄まったような色みになりますが、透けてもすごくきれいです。
このデータを下地に、さりげなくスミで名前印刷したらオシャレ~になりそうです

トレジャリー プラチナ

布地のようなトレジャリーは元々高級感たっぷりですが、やわらかいグラデーションと
すごく相性がいいと思います。結婚式のアイテムに使いたい感じです。。

スペシャリティーズ ホログラム No.701-N

ホログラムや紙の影響で、こちらも角度によっては少し見辛くなります。
インキが乗っている面は、少しホロが抑え目に。名刺なら、上から白で印刷したい!

桃はだ ホワイト

桃はだは、かなりやわらかーーーーい、優しい色のグラデーションになりました。
同じデータでも単色のベタで刷るより、桃はだのもこもこを活かせている気がします。

羊毛紙

羊毛紙はモサモサしている割に、インキの色はくっきり出るようです。
モサモサ感が出るのできれいなベタにはなりませんが、独特の毛の質感が面白い!
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
グラデーションは白系の紙に印刷する方が当然分かりやすいですが、
銀色の紙で印刷すると、透けたような不思議な透明感が出るというのも面白いです。
名刺サイズだと、小さいのでインキ本来の色みというのはあまり感じられないのですが、
その分やわらかい色のグラデーションが楽しめます。
また、細かい図柄や文字などは、インキが乗る面が少ない分、
グラデーションと感じにくいかもしれません。
そういう意味でも、下地に模様などをグラデーション印刷して
上からスミなど濃いめの色(または白)のインキで文字などを印刷するのがおススメです。
もし、グラデーション印刷で名刺作りたい!とかご希望があれば、お問い合わせくださいね。
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
そしてまたもやプレゼントのお知らせ!!

今回実験したオレンジとももいろインキのグラーデーションカード、
抽選で10名の方にプレゼントします!!!
単色機でグラデーションを印刷した実物をぜひご覧ください。
おまけもついているかも…

下記応募フォームより、どしどしご応募くださいね~~

※応募の締め切りは、9月30日(木)です。

※プレゼント発送の際、今回のグラデーション印刷に
UV×Designのロゴなどを上から印刷したものをお送りします。

※当選者の発表は、発送をもってかえさせていただきます。

 

ご応募の受付は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

黒い紙と、黒インキ①

こんにちは。しろです。暑いですね…

ゴールデンウィークの鴨川ピクニックは最高でした◎
天気もよくて、みんなで持ち寄りのお弁当もおいしい!
ちなみに、twitterでも少し触れましたが鴨川の三角州、アニメ「けいおん!」でも背景で出てます。
左京区はかなりユルくていいですよ~大好きな街です。(いつも言ってるけど…)
皆さまも京都へ行かれる際はぜひ!
- – - – - – - – - -
ところで本題。新しくラインナップした黒い紙に、スミインキで刷ってみました。
黒+黒なので見えにくいんですが、なんか不思議で面白いですよ。

ちなみに今回の印刷データはこちら↑ 懐中時計です。特に意味はありません。
この紙は、リアクション フォレストグリーンです。深い緑と上品な輝きが素敵な紙。
紙自体の色みも濃いのですが、スミもきれいに見えるのでなかなかの高相性です。
比較的細かい文字もきちんと読めます!

スミインキ部分は、紙のキラキラを結構隠してくれるのでマットな見た目。
影部分がマットで、パール面を際立たせてなんとなく立体的に感じます。

裏面はこんな感じ。真っ黒い紙ではないので、細かい文字などは少し見辛いですが、
きちんと読めます。紙色は…黒に近い紺色みたいな感じ…
上手く言えない!
- – - – - – - – - -

続いて ミランダ 黒 なんですが…見えないっ!
ガラスフレークのきらめきが結構強いので、光の当たり具合で一番きらきらした部分だと
ほとんど判読不能になってしまいます…
なので、細かい文字や図柄にはこの組み合わせは不向きかもしれません。
ただ、どの角度でも見えないわけではないですよ~

きらきら感の目立たない角度だと、細かい部分もそれなりに見えます。
輝きが強い分、スミインキも引き立ちますよ
- – - – - – - – - -

こちらは ニューウェブロンカラー 黒 あ…また見えない・・・
角度を変えると少しは見えるんですが、この紙だと凹凸が激しいせいもあってか
細かい文字はほとんどみえません。角度を傾けると見えるんですが。
そもそもこの紙に細かい文字は少し危険。(凹凸で文字の「.」などが消えそうになったりします)

実験なのでいいけど、これを商品には出来ないな~という見辛さ。
やっぱり銀とか金インキがきれいに見えると思います。
- – - – - – - – - -
とりあえず今日はこの3点です。
次回はプライクのブラックとネイビーへの印刷したご報告。
さらに、今回印刷に使用した黒い紙のサンプルを抽選でプレゼント!
個人的にはこのプライクへの印刷がオススメですよ!

 

上:ブラック 下:ネイビー
何このツヤ感・・・!すごい!普通のスミインキですよ。
おすすめを次回に繰り越すという焦らし作戦(?)を使用させていただきます。すいません!
プライク情報は、まて次号!

Home > タグ > ミランダ

フィード
    このページの更新情報はRSS で配信されています。 お手持ちの RSS リーダに登録することで随時更新情報を取得できますので、ぜひご利用ください。
  • RSS2.0
  • Atom

ページの先頭へ