Home > タグ > 筆記具

筆記具

おすすめ年賀状2010 キュートBest3

fukuです。

今回はハッピーな気持ちにさせてくれる、キュートな年賀状 Best3をご紹介します。
おすすめ筆記具で、かわいくアレンジしてくださいね。

ne10_S17_b
ポップスター

S17 プレゼント Pink
紙種類 スペシャリティーズ ペット[No.377]
インキ 白

新年のごあいさつは、かわいいプレゼントに気持ちをこめて…そんなイメージの年賀状。
淡いピンクメタリックの女性らしい特殊紙を使い、
ドットの透け感がかわいいキュートな年賀状です。
シリーズで、S16のブルーバージョンもあります。

つるつるの紙は筆記具を選びますが、メッセージを書くなら、発色鮮やかなポップスターがおすすめです。細字、極細のペン先があり、たくさんメッセージが書けそうです。

 

 


 

ne10_S19_b
エスピエ

S19 草花柄
紙種類 ファンタス[ライム]
インキ 金

昨年の人気デザインの2010年バージョンです。春に向けて草花の萌え出る様をイメージしています。発色がよくつやつやと光沢のある特殊紙で、ハッピーな一年を予感させる、そんな年賀状です。

乾くと半透明の立体感にラメが輝くエスピエを使って、塗り絵のように草花をデコるのがおすすめです。より華やかな年賀状になりますよ。
 


 

ne10_S10_b
ティアラ誕生石カラー

S10 ジュエリー
紙種類 スタードリーム ライン[シルバー]
インキ シアン

スタードリームの輝きに縞模様のエンボスが施された特殊紙です。ジュエリーで新年の輝きを表したスタイリッシュな印象の年賀状です。

この年賀状にはティアラ誕生石カラーがおすすめです。まさしく宝石のように小さなラメがキラキラと輝きます。ただ、完全に乾くまでに約2分ほど時間がかかりますので、ご注意くださいね。


年賀状印刷のご注文受付は12月15日PM17:00までです。
お気に入りのデザインが見つかったら、ぜひお早めにご注文くださいね。

特殊紙で心に残る年賀状を送りませんか
特殊紙年賀状印刷なら UV×Design 年賀状印刷2010

特殊紙にぴったりなペン その①

tokuです。
弊社ではこの度、10月20日より2010年度特殊紙年賀状のご注文受付が開始となりました。
特殊紙を使った、いつもと違う年賀状を送ってみませんか?

さて今回、2009年度と違うところは、年賀状とご一緒にペンをご購入していただけるところです。
確かに油性や、ボールペンでも書けますが、紙が特殊ならペンも一味違うものにしたらもっと素敵になるのでは・・・と思うのです(^^)
弊社の年賀状ホームページにも詳細が載っていますが、ここでも少しご紹介したいなと思います。

まず、「アクアリップ」というペン。
これは私も最初使ってびっくりしました。こんなペン使ったことなかったですから!
書くと、ぷっくりとした立体文字が書けるんです(@@)
半透明でその名の通り、みずみずしい感じ。ただ半透明な分、濃い色の紙(黒、紺系)にはちょっと向かないかもです。
特に合うのはつるつるした紙です。年賀状デザイン番号でいうと、S08(スペシャリティーズホログラム)、S14(スペシャリティーズペット)などです。
ただ、例外として年賀状デザイン番号S12にははじきますが、他は大丈夫です。
書き方としてはインクが出るのを確認しながらゆ~っくり書くとイイ感じに仕上がります。
アクアリップ
S08(スペシャリティーズホログラム701-N)に
アクアリップ(グロスパープル・グロスブルー)使用

次に「ティアラ誕生石カラー」というペンですが、これは12色がそれぞれ誕生石をイメージしてつくられており、ラメが入っていてとってもキレイです☆
どの色も素敵で、私も個人的に欲しいくらい(笑)
このペンは逆につるつるの紙には書けないので、年賀状デザイン番号S05(桃はだ)、S20(リバーシブルマーメイド)など、マットな紙に合います。
こちらもゆ~っくり書くのがポイントです。
ティアラ
S05(桃はだホワイト)にティアラ誕生石カラー(パールピンク)使用

おすすめ筆記具として6種類をご紹介しているのですが、今回そのうちの2種類をご紹介しました。
その②、その③に続きますので、よろしければご覧下さい(^^)/

また、詳しくは年賀状ホームページおすすめ筆記具コーナーをご覧下さいませ。
http://www.did.co.jp/nenga/pen/

Home > タグ > 筆記具

フィード
    このページの更新情報はRSS で配信されています。 お手持ちの RSS リーダに登録することで随時更新情報を取得できますので、ぜひご利用ください。
  • RSS2.0
  • Atom

ページの先頭へ