Home > 印刷 | > 色の見え方・参考

色の見え方・参考

こんにちは。桜も少しずつ咲いてきて春らしくなりましたね。
今日は暴風警報が出るほどの荒れ模様らしいですが、
せっかく咲き始めた桜が散ってしまわないように願うばかりです。。。

今日は、色のついた紙にインキを印刷するとどうなるか??というお話。
真っ白な紙に黄色いインキで印刷すると、当然ですが印刷面は黄色くなります。
(厳密に言うと、青白い紙、黄みがかった紙など、
同じ「白」い紙でも少し発色は違うのですが)

では、黄色いインキで水色の紙に印刷するとどうなるでしょうか???

水色の紙の上では、黄色いインキは紙の影響を受け、緑色のような発色になります。

クリックで拡大します

一番右の黄色いインキと一緒のはずが、水色の紙(左)で印刷すると、
真ん中のように黄色いインキが緑色になりました。

このように、インキの発色は紙の色に影響を受けます。
スミインキや銀インキは他のインキに比べると、比較的紙の色を隠ぺいしてくれますが、
ホログラムの紙など、種類によっては微妙に紙の色が透けて見えたりします。

今回は水色の紙なので、黄色のインキも緑に発色しつつ見えていますが、
これが黒い紙に黄色のインキ、となると、
黄色っぽいニスを印刷したようになってしまい、あまり印刷したとは分かりません。

どうしても黒い紙に黄色を発色させたい!という場合は、下地に白を印刷して、
その上から黄色を印刷すればいいのです。

ですが!!!!!!

残念ながら、UV×Designで使用している印刷機は単色機で、
シビアな見当合わせに不向きな機械ですので
下地に白を刷って黄色く発色させよう!という事ができません。
全てというわけではありませんが微妙に版ズレが起きてしまい、
下地の白がちょっと顔を出してしまいます。
あえて版ズレを楽しむデザインなら良いのですが…

そんなわけで、小ロット対応のできる小型単色機を使用している都合上、
対応ができない場合もございます。
もしかするとお客様のご希望に沿えない場合があるかもしれません。
その場合は、代替案を提案させていただいたりしています。
この紙でこの発色はできるのかな?という疑問点があれば、
問い合わせフォームからお問い合わせください。
簡単な事ならtwitterで質問していただいてもOKですよ。

実際の印刷ではなく、データで作っているのであくまでも参考ですが、
インキの発色イメージは下記のような雰囲気だと思っていただければと思います。
クリックで拡大します

  

  

 

 


Twitter Comment

コメント:0

コメントフォーム
ブログアドレス

トラックバック:0

トラックバックURL
http://uv.did.co.jp/wordpress/paper/ink_6408/trackback/

Home > 印刷 | > 色の見え方・参考

フィード
    このページの更新情報はRSS で配信されています。 お手持ちの RSS リーダに登録することで随時更新情報を取得できますので、ぜひご利用ください。
  • RSS2.0
  • Atom

ページの先頭へ