Home > タグ > 白インキ

白インキ

白インキ・試してみました。

こんにちは、moruです。

白インキの雰囲気が知りたい!というお問い合わせが増えてる、
ということで色々な紙に試してみました。

今回使った版はこれ↓

 

アミ点と文字があるし可愛いなーということで選びました。

紙はスタードリーム モーヴ です。

今会社で余っていた紙で色々白インキで刷らせて頂きましたー。

 

それではご参考にどうぞっっ↓
ただ、私のカメラの技術がなくピントあってなかったりしてます・・すみません。

続きを読む

【印刷実験】最大23回の重ね刷りをやってみた

こんにちは。しろです。
気付けば随分と長い間実験ブログを書いてませんでした…すみません。

今日の実験は!

以前、「デザインのひきだし」で祖父江慎さんがされていた、印刷の重ね刷りの実験。
マネっこです。やってみたかったので!真似してすみません!

←実験データはこちら
インキが流れ落ちてくる感じで。

テストした特殊紙は

スタードリーム クリスタル
ファーストヴィンテージオーク
里紙 すみ/うすあい の4種類。
勢いで実験したので、スタードリーム以外の3種については10度刷りまでしかしていません。
画像クリックで拡大します。

1度刷り
1度刷りだと、紙の影響を受けてしまうので「まっしろ」にならず。
これはこれで柔らかい色合いで個人的には好きです。

3度刷り
かなり白くなってます。ふつうはこれで十分かと。
でも私はモリッとさせたい!
まだまだ勝負はこれからです。

5度刷り
なんかすごい濃くなってきています。
インキ部分は印刷ではなく、アクリル絵の具で塗ったみたいな質感。
そろそろ見当ズレも気になる感じです

7度刷り
すごく濃いです。まっしろです。
濃度的にはもう十分ですが、厚みはかろうじて・・・、というレベル。
だんだん紙が反ってきています。

10度刷り
なんだか汚れてくるし、紙はかなり反ってくるし
かなり刷りにくい!
スタードリームは、ちょっと膨らんでる感。
・・・とか書いてきましたが、あんまり分からんやん…と思ったあなたに!
色の濃度変化を分かりやすい里紙でご覧下さい。

並べてみたら、結構違いがわかる!かも。
白の濃度については、5回目からはあんまり変わらないですが
何度も重ねている分、文字が太ってきます。
見当ズレが出てきたりもします。
里紙の場合インキが沁み込みやすいので厚みはあまり出てきませんでした。
ここへきて、ファーストヴィンテージと里紙はだいぶ変形してしまったため戦線離脱。
(名刺サイズの紙で何度も同じ個所を刷っているので、厚みはあまりでなくても
ものすごく反ってきてしまって機械に通すことが難しくなりました。)
あとはスタードリームに望みをかけて、ひたすら重ね刷りにチャレンジ。

15度刷り
なんだかようやく「ぷっくり」感が出てきました。
こういうの期待してた!と思わずテンションも上がります。
もうちょっとお願いします!という気持ちを込めて、印刷は20度刷りへ…

20度刷り
かなりきてる!!!光に当たったらちゃんと影ができる!
文字部分を触るのも楽しいです。
しかし紙はかなり反っています。

23度刷り
印刷部分は紙厚が0.1㎜厚くなりました。
かなりの膨らみに満足!
でも紙が反りすぎて、戻そうと思ったらインキがひび割れてしまいました…
本当はもっと刷ってみたかったのですが、ここまで膨らんでしまうと
給紙の時に引っ掛かってしまう事が多くなり、危ないので23回でストップしました。
クワエなしで印刷したからこれが限度でしたが、クワエをつけて、
紙の余白をつけたらもう少しいけたのかも・・と思います。
ただここまで盛り上げると紙が反りすぎてたいへんなので、実用的ではないですが
2~3回の重ね刷りで濃度を出すというのはなかなか良い方法かもしれません
(単色機なので、見当ズレが起きてしまう可能性はありますが)
もしも、重ね刷りがしたい!という方がいましたら
紙の厚みやデータによってはできない場合もありますので、まずはご相談ください。
——————————————————————————————
ちなみに・・・
毎回同じ天地方向で印刷するのではなく、1回天地を反転させてみると、
色の重なりがおもしろいです。なんとなく不思議な表現に。

上は3度刷り
下は1度刷りです。
真ん中の重なっている部分だけ少し濃くなっています。
今回の実験はあまり実用的ではないので完全に自己満足的なところがありますが、
これからも色々な実験を通して印刷を楽しんでもらえたらと思います!

白インキを刷ってみました【2】スタードリーム編

しろです

あけましておめでとうございます。
もう2009年!早いですねー。年末に白インキ刷ってみましたをアップするはずが、
師走の早さにやられました…気づけば1月!遅くなってすみません!!
これからもブログの内容を充実させていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

さて今年もくまちゃんのサンプルが活躍の予感。印刷データはこちらです

CAQP4MV2

前回はスペシャリティーズ特集だったので、今回はスタードリーム特集です。
特集というほど数はないですが、ちょっと見にくいので拡大版。

【注意】
モニタ上で見る見え方と、実際の刷り色は違って見えますので、ご参考程度にしてください!
白インキは紙の影響をかなり受けます。黒系の紙だと白に見えない、グレーだよ!ってなります。
白い紙に白インキをのせると、何もないと見せかけてある!!という使い方ができますが、
結構見えにくいです。

スタードリーム チタン
スタードリームチタン下地が透けるので、グレーっぽい雰囲気。

チタン 拡大してみました。

スタードリーム ブロンズ
スタードリーム ブロンズ チタンに比べると白っぽさアップ!

ブロンズ 拡大版。ちょっと濁った白という感じです

スタードリーム ゴールド
スタードリーム ゴールド角度によっては細かい文字はかなり見え辛いです

ゴールド 黄色+白でたまご色っぽくなるので見にくいかも

スタードリーム シルバー
スタードリーム シルバーこれはすぐ白と分かる!(でも写り悪くてすみません)

シルバー角度により、紙がぎらついて見にくいことも。

スタードリーム モーヴ
スタードリーム モーヴ偏光パールなので角度によってかなり変わります

モーヴ 見えにくい…でも見える!という表現に。

スタードリーム クリスタル
スタードリーム クリスタルきらきらの白の上に、マットな白を引いた感じです

クリスタル 可読性は低いですが、きれいな組み合わせです

いかがですか?黒系の紙、白系の紙でも、
スペシャリティーズ(ツルツル系)とスタードリーム(パルプ紙、きらきらパール)だけでも
インキの見え方が違うことがお分かりいただけるのではないかと思います。

※スペシャリティーズは表面がツルツルしていてインキが沈みこまないのですが、
スタードリームはインキが若干紙に沈み込むので、スペシャリティーズの方がパキっと見えます。

個人的には、、、
ゴールドのように中途半端に色が付いている(という言い方は悪いかもしれないですが)紙より、
モーヴなどのほぼ「白」い紙か、チタンやブロンズのように濃い色の紙の方が
白インキが映えるのでオススメです。
ゴールドなどの中明度の紙に白インキを乗せる場合、細かい文字や図柄は避けた方が無難です。

次回は白インキ最終回、他の特殊紙に印刷したら・・・?をお送りします!
お楽しみに!

Home > タグ > 白インキ

フィード
    このページの更新情報はRSS で配信されています。 お手持ちの RSS リーダに登録することで随時更新情報を取得できますので、ぜひご利用ください。
  • RSS2.0
  • Atom

ページの先頭へ